薪車の楽屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂東竹三郎の世界

<<   作成日時 : 2009/06/15 20:45   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 13

 お陰さまをもちまして、昨日無事に松竹座にて養父・竹三郎師の喜寿記念公演が大盛況の内に幕をとじました!かなりハードな舞台でしたので、父の体が心配でなりませんでしたが、全て出しきるというような気力で乗り越えることができました。
弟子の私たちにいろんなことを身を持って教えてくれた舞台でした。最後の挨拶に上手ソデで泣いておりました〜みなさま、沢山の声援ほんまにありがとう!父の志をつないで行けるよう、がんばらなあかん!強く心に刻まれた公演でありました!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時

熱い熱い舞台、本当にお疲れ様でした。
無事に終えられてホッとしています(^^)まだまだ長い道のりですが、多くを吸収し、いろいろなものを受け継いでくださいね。
次は巡業公演ですね。体に気をつけて、お稽古がんばってください〜〜

なご
2009/06/15 21:00
薪車さん、そして竹三郎さん、本当にお疲れ様でした。3回共、観劇させていただきました。楽のご挨拶では、気がつけば私も泣いていました。竹三郎さんの力のこもった渾身の演技に、歌舞伎への熱い思いとその思いを次世代へ繋げようとする気持ちがひしひしと伝わり、本当に素晴らしい公演でした。素敵な時間を共有させていただいて、本当に幸せでした。ありがとうございました!!これからもずっと応援していきます!

2009/06/15 21:01
14日によせてもらいました。
新喜劇に歌舞伎に舞踊と4時間半満足しました〜
満席でかなり盛り上がってましたね!たくさん笑わせてもらいました。
お着物の方が多くてうっとりしました。
舞妓さんもお見かけました!
まさし
2009/06/15 21:33
13日初日に見せて頂きました。素晴らしい舞台でした。竹登会の自主公演はこれが最後になるのでしょうか?できれば玉三郎丈がお祝いの言葉で述べておられますように、薪車丈を中心に続けて頂きたいと思います。
そして竹三郎丈の傘寿の祝い公演を見せて頂きたい、是非「紙治」の河庄の場、竹三郎丈の治兵衛、亀治郎丈の小春を、油地獄を薪車さんの与兵衛、竹三郎丈のおさわを演目に入れて頂いて。
本当に素晴らしい舞台をありがとうございました。
瑠尹
2009/06/15 22:24
特別な公演、お疲れ様でございました。竹登会の折にも感じ入ってしまったのですが、竹三郎さんの涙交じりの感謝のお言葉には本当にお人柄が滲み出ていて、こちらこそ舞台を拝見できて光栄でしたというような気持ちになってしまうのです。薪車さんも人間味溢れる素敵なお父様に負けぬよう、どうぞこれからも飛躍を続けていって下さいませ。
藤香
2009/06/15 22:24


お疲れ様でした!
喜劇・有馬猫・舞踊すべてが本当に最高の舞台でした(^O^)/千秋楽私もウルウルきてしまいました(>_<)これからも頑張ってくださいっ☆私はずっと応援していますっ(^_-)ゆっくりおやすみになって疲れを取ってくださいっ(^O^)


まお
2009/06/15 22:34
薪車さんとても素敵でした☆
7月の公演でまた薪車さんに元気もらえるの楽しみにしてます♪
頑張って下さい(^O^)/
☆☆☆
2009/06/16 00:31
幕内関係者で、大変恐縮ですが……。
今回、中幕「有馬猫」で三味線を弾いておりました、義太夫三味線の豊澤浩樹でございます。

最高の賛辞の言葉として、「鬼気迫る迫真の舞台」に参加することが出来、古典芸能に携わる舞台人として、これに勝る喜びはない、という日々でした!!

竹三郎さんの舞台に対する貪欲なまでの熱意、それを吸収して対応なさろうとしている薪車さんの意気込み……。

「伝統・伝承」も無論大事ですが、「現在観覧してくださっているお客様方」に、いかに喜んでいただけるか?

までを考えていらっしゃる竹三郎さん、そして薪車さんに感動いたしました。

これからも、末永くお付き合いいただければ幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします!!
豊澤浩樹
2009/06/16 01:04
 お疲れさまです。演じられるだけではなくすべてを造り上げる役者魂に感動し続ける舞台でした。(豊澤浩樹様達の音も心に響きました。)
 これからの舞台が、これまで以上に楽しみです。
火夜
2009/06/16 06:54
三回とも拝見させて頂きました。松竹新喜劇、義太夫狂言、舞踊と盛りだくさんな、そして珍しい演目を揃えて頂き、観客の私たちを心から楽しませて下さりありがとうございました。竹三郎さんの熱い思いをひしひしと感じました。やはり楽日のご挨拶には私共も涙ぐんでしまいました。薪車さんも竹朗さんも本当にお疲れ様でした。暫くゆっくりされて、また次の舞台に備えてください。
えり
2009/06/16 09:16
坂東新車さん、はじめまして。浜松から応援している一人です。
舞台が大成功だったそうですね。これからも頑張ってください。来月のアクト公演もがんばってください。
CITY FREAK リスナー
2009/06/16 16:48
公演、本当にお疲れ様でした。
遠い博多から応援していました。
大盛況との事、とても嬉しく思いました。
心を受け継ぎ益々のお父様のバックアップ宜しくお願いいたします。
これからのご活躍を期待しております。
本当にお疲れ様でした。
杵屋榮七郎
2009/06/17 02:18
14日、寄せて頂きました。
とても楽しく有意義な時間でした。
竹三郎さんのお元気な姿に感動しました。
そして薪車さんの女形姿!
本当にいけずそーーーで素敵でしたよ♪
7月の巡業公演は都合がつかずうかがえないのですが、8月の永楽館は寄せて頂きます。
暑さ厳しい折、お身体にお気をつけ下さいませ。


ユミ
2009/06/18 01:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
坂東竹三郎の世界 薪車の楽屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる