薪車の楽屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永楽館

<<   作成日時 : 2009/08/11 19:21   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

千穐楽盛り上がりました〜
 あっという間の一週間公演でした〜内容のつまった思い出に残るいい経験をさせていただきました。
足元の悪い中、沢山のお客様にみて頂いて、連日満員の客席に気持ちよく舞台も努められました。
 また豊岡市のボランティア皆様、ご苦労様でした。皆様の力があればこその永楽館です〜
 大好きな場所になりました。次は一回り大きくなり戻ってきたいです!
永楽館最高です!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 永楽館大歌舞伎にご出演ありがとうございました。
 今年は去年の暑さからは逃れられましたが、雨が続き、ご来場のみなさまにも、また、台風などの影響で、遠くからお見えにみなさまにもご不便をおかけしました。
 薪車さまには、初めて永楽館にお越しくださり、感謝しております。いろいろと行き届かなかったこともありましょうが、これに懲りず、また永楽館の舞台にお立ちいただけたら嬉しく思います。
 ほんとうにありがとうございました。
お茶子頭
2009/08/11 20:41
お疲れ様でした〜
来年こそは永楽館で拝見したいものです。
なかなか仕事的に実現できそうにありませんが〜
まさし
2009/08/11 20:58
千穐楽おめでとうございます。お疲れ様でした。

今年は涼しくて助かりましたね!

楽しい公演でした。
ひるもぐ
2009/08/11 21:34
御疲れ様でした。今年はとんでもない天候で昨日はチケットを持って居るのに行けない方もおられたようですが、それでも沢山のお客様が来て下さいましたね。

永楽館歌舞伎、是非出石に定着して毎年興行できますように。そして上方歌舞伎の役者さんたちが毎年出演される事を願います。私たちは毎年八月は永楽館歌舞伎を楽しみに待っています。豊岡の皆様も叉大坂の松竹座、京都の南座に翫雀丈、薪車丈、愛之助丈、壱太郎さん、の御芝居を見にいらして下さいませ。
瑠尹
2009/08/11 22:21

お疲れ様でした。
多くの良い経験を積む事のできた、永楽館の公演だったようで良かったですね(^^)
体を休めて、また次へのスタートをきってくださいね〜


なご
2009/08/11 22:57
暖かい芝居小屋、永楽館。そこで拝見できた薪車さんの松王丸、そして利平。本当に本当に行って良かったです。(鑑賞教室の渾身の立ち回りも迫力ありました)
車引で薪車さんの松王丸に化粧声がかかる時は感無量でした!
えり
2009/08/12 00:05
 おつかれさまでした!
永楽館に薪車さんが出られて、行くことができて良かったです!
火夜
2009/08/12 01:18
永楽館での公演は短い間でしたけど
無事に終えられて良かったです。
楽日に行った友人たちも薪車さんが
感極まられていたというのを聞いて
また来年も出てくださるのかなぁと
思うと来年の夏が楽しみに思えます
(早すぎ?鬼がおなかを抱えて笑うと
言われそうですが。。。(爆))

最後にどうかお疲れがでませんように

ラピス
2009/08/12 11:13
暑い出石で熱い薪車さんの公演、目頭が熱くなりました。
愛之助梅王との睨み合いは男前同士の火花炸裂で、
気絶しそうになるほどかっこよかったです。
sohoshito
2009/08/13 23:45
出石公演お疲れさまでした。
舞台が近く、新車さんが出て来られるたびドキドキしながら拝見しました。
忠信利平の立ち姿、本当にかっこよかったです。
カーテンコールのときの笑顔も素敵でした♪
渋滞や大雨で往復7時間以上かかりましたが、行ってよかった〜。
次回の公演を心待ちにしています。
ユミ
2009/08/14 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
永楽館 薪車の楽屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる